まずは高金利のソーシャルレンディングの概要を簡単に解説します

まずは高金利のソーシャルレンディングの概要を簡単に解説します はコメントを受け付けていません。

高金利のソーシャルレンディングとして見られるものとしては不動産投資系のものが知られます。金融投資においては、年率が10%を超えるようなものはかなりの高金利で、5%を超える時点でも高い金利といえます。このため4%前後が通常の投資におけるソーシャルレンディングの標準的な金利ですが、一方で、不動産投資の世界では年率10%はそれほど高いわけではありません。このため高金利のソーシャルレンディングとして取り上げられるものは不動産投資関係のものが中心になります。これは不動産投資であれば金融投資と異なりすべての価値が失われるわけではないためです。また高金利であるからといってハイリスクというわけではなく、それぞれのソーシャルレンディングの内容を見極めて選ぶ必要があります。

ソーシャルレンディングとは?その仕組

ソーシャルレンディングは単純に言えば、投資家する人が直接、投資を受けたい人にお金を投じるというものですが、この投資したい人と投資を受けたい間には仲介者がいるのが特徴です。仲介者は銀行であったり証券会社であったり貸金業者であったりしますが、いずれにしても仲介者を通じて投資をしたい人と投資を受けたい人をマッチングしてくれます。また仲介者は投資を受けたい事業を審査して募集を行います。一方で投資をしたい人としては少額から投資することができ、また配当や払い戻しなどの手続きを仲介者から受けることができ、面倒な作業を仲介者が行ってくれるのがメリットといえます。またソーシャルレンディングでは他の金融商品よりも高金利の利回りを受けられるのもメリットで、そのためソーシャルレンディングの市場は拡大しています。

高金利のソーシャルレンディングの特徴

ソーシャルレンディングでは比較的高金利というのが最大の魅力といえます。これを実現しているのは直接投資という型式であるためです。高金利である理由としては、よりお金を集めやすくするためです。ソーシャルレンディングのデメリットとしては予定している金額を集められないことがあり、それらを避ける上でも運用益に見合うだけの高い金利を用意しています。ただし、実際のところ年利7%であっても投資を受ける側にとっては、それほど高い金利ではなく銀行から借りるよりも低い金利である場合がほとんどです。また年利10%を超えるような高金利のソーシャルレンディングとしては不動産関係のものが中心です。年利10%は、通常の金融商品から見ると高金利ですが、不動産投資においてはそれほど高いわけではありません。

ソーシャルレンディングを始めたいけどどうすれはいいのかお困りの方はこちら。 ソーシャルレンディングを通して事業資金を融資してみませんか? ソーシャルトレーディングをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 あなたの投資が、中小企業のサポートをすることになります。 みんなのクレジットでは投資家のみなさまの利回りも追求できる案件をご提案させていただきます。高金利で人気のソーシャルレンディング