高金利のソーシャルレンディングの様々なメリット

高金利のソーシャルレンディングの様々なメリット はコメントを受け付けていません。

今、「ソーシャルレンディング(クラウドファンディング)」は非常に大きな注目を集めるようになっています。投資家にしてみれば当然の様に知っているものだったかもしれませんが、そうしたことに接する機会が少ない個人にとっては未知の存在でした。しかし、最近ではテレビなどのメディアで有名人が「クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)でお金を集めて事業を行う」ということをアピールする機会が増えたことで一般にも周知が広まり、多くの人がこの方法で資金を集めるようになって来ています。借り手にとっては非常にメリットがある方法として知られるようになってきましたが、当然の様に貸し手にとっても大きなメリットがあります。そこで、「貸し手にとってのメリットとは」を簡単に説明していきます。

「高金利」がソーシャルレンディングの魅力

最初に挙げる貸し手にとってのソーシャルレンディングの魅力とは、「高金利である」という点です。これまでも貸金業者が事業として成り立ち、さらには非常に大きな利益を生んでいるということを踏まえて考えていくと、「お金を貸す(融資)ことは大きな利益を生む行為である」と言えます。当然そこにはリスクも存在していますが、そのリスクを低減しながら貸金業に近い利益(収益ではない)を得られることが魅力です。ソーシャルレンディングで投資を行った人(貸し手)は、平均して5~6%程の高金利で配当を得ることが出来ます。銀行で付く利息が1%にも満たないことを考えると、これは非常に大きなリターンと言えます。貸し手に対する管理(返済管理など)は仲介業者が行ってくれるという手軽さも相まって、非常に効率の良い投資方法であると言えるでしょう。

大きな資金力がなくとも参入できる

貸金業として業を成していくためには、ある程度大きな資金を持っていることが必要です。しかし、ソーシャルレンディングの場合は「1万円程度の少額でも参入できる」というメリットがあります。投資金額に対して配当が得られる仕組みなので、当然ながら少額投資の場合は大きなリターンは期待できないものの、比率にして考えれば非常に高金利なので効率は十分です。案件によっては毎月配当金が入ってくるようなものもあり、投資期間についても月単位での短期投資が可能であるという点もリスクが抑えられる要因になっています。これにより、複数の案件に対して分散して投資を行い、リスクヘッジをしつつ利益を生むことが容易になると言ったメリットもある為、個人投資家にとっては特に大きな魅力があります。