高金利のソーシャルレンディングを効果的に行うコツ

高金利のソーシャルレンディングを効果的に行うコツ はコメントを受け付けていません。

「ソーシャルレンディング」とは、近年急速に普及が広がった「資産運用方法」です。と言っても、本来の使い方は違っていて、「事業をしたい個人もしくは法人が資金を獲得するために不特定多数に対して出資をお願いするシステム」がソーシャルレンディングというものです。資金を必要としている側はソーシャルレンディング会社から資金を借入れ、そのお金を返済していきます。この状態はカードローンなどを利用した状況と同じような感じになりますが、投資する側から見ると「長期的に安定した収益(利回り)が見込める」というメリットがあります。ただし、適当に案件を選んでもノーリスクで投資が出来ると言う訳では無く、投資先の案件によってリターン倍率およびその安定性が違ってきます。

高金利のリターンの目指すために大切なこととは

ソーシャルレンディングは「高金利である」という魅力を持つ投資方法ではあるものの、「元本保証なし」という条件で投資をすることになります。そもそもが「出資先の事業が成功した場合に配当金が入る仕組み」である以上、出資先が安定した収益を上げることが出来なければ配当金が入ってこなくなります。株に投資する場合も同様ですが、「ある程度安定性がある企業を選ぶ」と言うことが効率的に高金利を得るポイントになります。株式投資の場合は「各企業の実績を評価して決めることが出来る」というメリットがありますが、ソーシャルレンディングの場合はその点が未知数である案件がほとんどなので、収益の安定性は非常にバラつきが多くなってしまいます。その為、「ある程度の勘」が必要になるので、その分のリスクは高くなってしまうことを覚えておきましょう。

投資する案件をしっかりと厳選しよう

例えば、「明らかに収益が上がるだろう案件」や「いい意味で大きな注目を浴びる可能性が高い案件」に対して投資をすれば、リターンの安定性や額にもある程度の期待が持てるようになります。全く無名のベンチャー企業の案件に対して投資をした場合、安定性は低くなるものの非常に大きなリターンが期待できやすいというメリットはありますが、「絶対に損をしたくない」という人には向きません。最近では、芸能人やタレントがソーシャルレンディングを活用して何らかのビジネスを行っていることが多く、それらは往々にして一定の成果を上げています。高金利という点を重視しすぎると失敗する可能性が高くなってしまうため、ある程度は安定性の高さなどのベース値の高い基準を基にして判断していくようにしましょう。